株主優待として貰える金券や食べ物の画像

株主優待とは株式会社が権利確定日という日に一定数以上の株式を保有している株主に与える優待制度のことを指します。その優待の中には金券や食べ物など私達の生活に役立つものが多くあります。どの株主優待が狙い目かなどをこちらで紹介します。

株主優待と富裕層並びに医療について

株主優待とはどのようなものであるかといいますと、まずは株主となってくれている顧客様、例えば自社の株を多く持ってくださっている株主様のことを、企業などでは、株主様と言います。

また、持ってくれている株が大きければ大きいほど、その方は富裕層である確率が高いです。
この理由については、人気である株であればあるほど、富裕層でなければ購入できないということ、また富裕層であるからこそお金に余裕があり、そこから株を購入できるという点に至るからです。

また、富裕層でない方でも株をお持ちであり株主様となりますが、この場合には一部の株のため、会社全体の影響に関わるようなことは滅多にありません。
ただ、やはり自社の株を持っていくれているということは、株を売却せずにいてくれる限り、自社に希望を託し、応援をしてくれているという意味合いになりますので、株主優待として、特典としては「レストランでの食事券」などや「有名テーマパークへのご招待券」などが株主様に付与される形となります。

一方で、特に医療分野にお勤めの方、医師や開業医などの人の場合には、社会的にもステータスが高く、または医療分野における社長さんなどの場合には、お持ちの財産なども多いため、株主様としてはとても重要な地位にあることがあります。
その結果、やはり富裕層の方となりますので、株などをもって経営を行っている会社にとっては、大切なお客様です。

基本的に株主優待は、例えば医療系の株であれば、その株を持っていれば何らかの特典として、「サービスを特別に受けられる権利」などや「ホテルなどの割引券」など、このような形など、いづれにしろ、その会社独自のサービスとして株主様に何らかのお礼として、株主優待特典を行う形になります。