株主優待として貰える金券や食べ物の画像

株主優待とは株式会社が権利確定日という日に一定数以上の株式を保有している株主に与える優待制度のことを指します。その優待の中には金券や食べ物など私達の生活に役立つものが多くあります。どの株主優待が狙い目かなどをこちらで紹介します。

NISAの専用口座と株主優待、日本通運について

最近注目されていますのが少額投資非課税制度NISAです。この非課税のメリットを受けるためにはNISA専用の口座を開く必要があります。金融機関によって商品に違いがありますので、自分が投資してみたい商品を扱っているかによってどこに口座を開くか決めるといいです。さて実際に株を買うとなりますと、株主を大事にしてくれるところに投資したいわけですが、そこでまず注目したいのが株主優待です。100株以上とか1000株以上の株主になりますと例えばその会社の自社商品詰め合わせなどが贈られるものです。最近では株主優待が何かによって投資先を決める人も多く見られます。上場企業の株主優待についてひと通り調べてみるのも効果的です。次いで投資先として選びたいのが普段からなじみがあり企業として伝統があるところです。その企業の製品を実際に使っていたりしますと、どういうものを作っているのかどういう事業を行なっているかがわかりますので安心ですし、伝統がある企業は経営という面でも安全だからです。そういう意味でまず候補に挙がる一つが日本通運です。日本通運は引越しや配送が事業ですから自社製品の株主優待があるということはありませんが、日本通運で引っ越しをしたことがあるという人は多いですから実際にどういうふうに仕事を行なっているのかもわかりますので、投資先としても信用がおけます。現在日本通運が力を入れていますのが海外です。会社名自体からもそうですが、日本国内の運送事業のイメージが強くても実際は現在では海外でも広く展開していますから、日本通運に投資する際には今どういう国に進出していてその国は今どういう景気かという点も考えると効果的です。ちなみに現在重点を置いていますのが中国やロシア、メキシコやインドネシアといった国です。なお現在は原油安ですので日本通運のような事業者にとりましてはプラスとなっています。